三菱シーケンサのマスターコントロール(MC)の使い方

シーケンサ

会社によっては、使用禁止指定もある マスターコントロール

 

会社のルールがあるのなら仕方ありませんが、

先輩方が使っていないから使わない、って理由ならちょっと勿体ない。

 

基本の動きから、実際のプログラムをまでを一緒に見て行って、

マスターコイルの使い方を、ゲット だぜ!

 

どうも!ずぶ です。今回は 三菱シーケンサのマスターコントロール(MC)の使い方

 

マスターコントロール(MC)を書いてみよう

必要なコードは

〔 MC 〕

〔 MCR 〕

 

この2行だけですね。

 

ヘルプを見ると、こう書いています。

 

〔 MC 〕~〔 MCR 〕で囲まれた範囲のプログラムを

実行するか? しないか? を決めるだけなのですね。

 

 

ヘルプを手本に、プログラムを書いたら、こんな感じ

 

いや、ちょっと待って

ヘルプには 母線への接点 が書いてあるけど、zubuは書き忘れてない?

 

↑コレの事です

 

と思われた方は、備考を見落としちゃいましたね。

 

 

 

 

記述通りに、読み出しモード に変更してみます。

 

 

出た出た~、母線に接点が現れましたよ。

 

コードを書く時は、冒頭の〔MC〕〔MCR〕だけで良い のですね。

 

 

動きを確認しよう

 

マスターコントロールを入り切りして、モニターランプを確認してみましょう。

 

マスターコントロール(MC)オンの時

 

マスターコントロール(MC) オフの時

 

回路の中身は、常時ONにぶら下がっている M100 コイルだけです。

 

常に M100 は立つ状態 にも関わらず、母線が切られている方はM100コイルは点灯していません よね。

 

ON の時は実行

OFF の時は不実行

 

間に何行あろうとも関係ありません。

〔 MCR 〕を検知するまで実行しない のです。

 

 

↓こんな感じ

 

MCがオンになったら、どんどん扉が開いていくイメージですね。

 

入れ子(ネスト)を使ってみよう

MCはネストが使えます。

 

ネスト とは、言い換えれば 深さの事

先程のイメージ図に付け加えると

 

 

こんな感じ

 

どんどんMCの扉が開いて、中身のコードが出てきます。

このようにMCの中にMC、さらにその中にMCというように重ねて行けるのですね。

 

このような 同じ機能を内包 する事を ネスト と呼ぶのでした。

ネストの深さは0~14段 まで可能です。

(MCの総個数ではありませんよ。ネストの深さが14段 なのですよ。)

 

MCの引数を確認しよう

マスターコントロールの記述は

 

〔 MC  N0 M0 〕

 

引数は2つしかありませんが、その意味を見て行きましょう。

 

第一引数の N0 の意味

N0 はコイルでは無く ネストの N です。

 

ここから下は ネスト0段目のコードですよ~ と宣言しているのですね。

そして、最初に現れるペアの〔 MCR N0 〕までのプログラムが 操作対象 となります

 

また、ネストは最大14段 と決まっていますので、

ここに入る数値は、N0~N14 までのいずれかです。

注意点として
必ず N0 から始める ようにします。
〔 MCR 〕とのペアが揃っていれば、N5 や N10 から開始する事も可能なのですが、混乱の元となります。

 

第二引数の M0 の意味

M0 は MC がオンになった時に ONするコイル です。

 

云わば、マスターコントロールの名前ですので、好きなコイル番号を割り振り ます。

 

 

読み出しモードのMCはこのように表示されますから、分かり易いコメントを入れてあげると良いですね。

M0 は他で接点としても活用できますよ。

 

 

マスターコントロールを使ってみよう

 

基本の動きが分かったところで、実際のプログラムを考えてみましょう。

 

<例えば>

手動操作のプログラム部品を作って

 

 

丸ごと囲ってみるとか

 

プログラムを小分けにして、見やすいラダー図にしてみよう

 

 

 

<例えば>

 

 

同じインターロックで纏めてみるとか

 

 

<例えば>

 

 

出力をレベルで分けてみるとか

 

保持回路で書くのとは、また違った見やすさが生まれてきますね

 

 

MCの一括解除

MCは一括解除できます。

 

MCの N1 の条件は通っていますが、N0 が断たれているので、コイルがONしていませんね

〔 MCR  〕が並んで配置されるようなコードだと、最初を断てば全て断たれるの ですね。

 

 

マスターコントロールの注意点

MCの使用については幾つかの注意点があります。

 

セットやフリップフロップは解除されない

 

< MC オン >

< MC オフ >

下のプログラムは、MCがオフにも関わらず、コイルは点灯 しています。

ラッチされたものは解放しない のですね。

 

MCは母線に接続されています。

実配線で考えると、コモンが切断されているのと同義です。

 

通常のリレーだと、コモン断でOFFしますが

ラッチングリレー の場合は、保持します。

G7K ラッチングリレー

 

 

〔 SET 〕〔 FF 〕等は、回路上でそのように振舞いなさいという命令なのですね。

 

 

〔 MCR 〕を忘れると、サヨナラ~

 

 

これは、MC オフが実行されているのですが、コード上には〔 MCR 〕が存在していません。

〔 MC 〕は〔 MCR 〕を検知するまで、実行します。

 

と、いう事は

書き忘れてしまうと永遠に 不実行 をしてしまう って事ですね。

 

気を付けたいですね~

 

 

ペアを間違えると、サヨナラ~

 

先程と違い、コードの先には〔 MCR 〕がありますが、ネストが N0 N1 でペアになっていません。

『 一括解除の項 』と逆にしてしまうと、永遠に解除されないのですね。

 

 

気を付けたいですね~

 

 

無茶苦茶やっても怒られない

 

 

MCはエラーを出しません。

辻褄があっていようが、無かろうが、知ったこっちゃないのです。

 

放任主義ですね~

 

 

冒頭に述べた、使用禁止指定がある事業所は、恐らく以前にこんな目にあってしまったのかもしれませんね。

注意点は多いとはいえ、要所で使うと視認性や効率は跳ね上がるのです。

 

怯んでばかりもいられません。

次では使用する際のポイントを見ていきましょう。

 

マスターコントロールを使用する際のポイント

不必要にネストを増やさない

言わずともお分かりですね。

 

迷ったら、読み出しモード

読み出しモードにすると、母線の左上に 影響下のMCコイルが常に表示 されます。

これはスクロールしていっても表示されていますので、最初のエッジを見つけて帳尻があっているかを確認 します。

 

↑ココ

 

命令検索で当たりを付ける

 

命令検索 を実行すると散らばったMCを検索する事が出来ます。

 

これで 変な子が居ないかを、ざっと確認 します。

MCR でも検索 できますから、数がずれていれば捜索開始ですね。

 

ルールを決める

ネスト事に解除するのではなく、必ず N0 で切るようなコードにするとか、

自分達でのルールを決めておくと良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

シーケンサを触り始めると、比較的初期に目にする命令ですが、案外使わない方も多い命令です。

(無くても書けますしね)

 

ですが、同じような条件をゴテゴテ書くよりも、はるかにスッキリしたコードになるのは確かです。

用法用量を正しく守って、マスターコントロール を ゲット だぜ!